大学受験化学
勉強法

受験化学の戦略

受験化学は『生物より知識量が少なく、物理より思考力が不要』とよく言われていて、知識と思考力の点で両者の中間ぐらいにあるとよく言われています。
すなわちバランスがとれた科目と言えます。
この記事では化学でとるべき戦略を少し紹介します。

まず大事なこと

一番力を入れるべきは、化学全体の基本である酸塩基化学平衡などを徹底的に理解することでしょう。
pHや中和などを学ぶ酸塩基の内容や、ルシャトリエの定理などの化学平衡ですが、これらは化学の基礎です。
全ての単元に関連していますし、受験(2次試験)でも非常によく問われます。
同時に苦手な人もかなり多くなっています。
そのため、これらの内容を深く理解できれば、受験で相当有利です。
一方で、これらの単元は意外に難しいことが多く、しっかり理解するのは努力を要します。

理論化学

理論化学は一番大事です。
理由は有機化学にせよ無機化学にせよ、理論化学を背景として知っておかないと深く理解することができないためです。
理論化学は苦手な人が多く敬遠されがちですが、難関大学で高得点を取るためには絶対に避けて通ることはできません。
『酸塩基』、『化学平衡』などに加え、『電池』『気体』『熱化学』なども重要です。

有機化学

理論化学の次に重要なのが有機化学です。
理由は受験によく出る為です。
東大や阪大など、毎年半分程度も有機化学から出題されます。
高分子化学も大学によってはよく出題されます。
有機化学は暗記的な側面とパズル的な側面があります。(当然、理論化学の下地は必要)
問題演習を繰り返せば、割と誰でも構造決定問題などできるようになります。
しかし、受験では理論化学との融合問題が良く出題されたり、計算問題や論述問題も問われるため、
やはり総合的な実力がないと高得点は難しいです。

無機化学

無機化学は暗記的な側面が大きいです。
理由は物質の色や、工業的な製法など、知識面で問われることが多いためです。
しかし、単純な暗記問題というのはあまり試験では問われることが少ないので、無機化学の優先順位は下がります。

化学の基礎

フラスコなどの実験器具の使い方を絡めた出題をされることが、難関大学であればあるほど意外にあります。
そしてそういう問題こそ、意外に得点できないケースがあります。
化学は実験科学なので、器具の使い方などはたまに振り返って確認するのがベターです。

その他分類に困る化学

これも重要なのですが、特別に単元が設けられてるわけではないけど化学的に重要でよく出題される問題があります。
例えば溶解などがその一つです。
『メタノールと水を混ぜたら混ざるでしょうか?またその理由を述べなさい』
などの問題って化学ではとても重要です。
こういうところを教えるのが化学講師の腕の見せ所かもしれません・・

まとめ

かなり大ざっぱですが、受験化学で重要度を順に上げるとするなら
理論化学→有機化学→無機化学
となります。
東大であっても医学部であっても、理論化学がしっかり理解できている人は大抵化学で高得点取れます。

ABOUT ME
neo
大阪大学→大阪大学大学院→化学会社研究職